インターナショナルスクールに通うことのデメリット

金銭的なデメリット

インターナショナルスクールに通うことにはデメリットもあります。第一に学費が高いことです。一般的に200万円程度は年間でかかるといわれています。仮に小中高と12年間通うことになれば、合計金額が3000万円程度にもなり、家を一軒建てられるほどの金額を学費として支払うことになるのです。しかもインターナショナルスクールは文部省が定める学習指導要領ではないという理由で、国からの補助金が適応されないこともあります。一般家庭の家計にはかなり厳しいでしょう。
学費だけでも高額なのに、加えて教材費や設備費、研修費など多くの費用が必要となってくるので、益々一般家庭からインターナショナルスクールに通うことへのハードルが高くなっています。

進学の際のデメリット

もう1つのデメリットとしては、日本の学校に進学する際に少々不利になってしまうことです。インターナショナルスクールでは基本的に受験勉強と名の付く勉強は行われていません。さらに受験科目の1つである現代文や古文の授業がない学校が多く、学校とは別に自分で1から勉強しなければいけなくなります。追加で塾に通うという選択肢もありますが、金銭的にも体力的にいもかなりハードになってしまうでしょう。
さらに、インターナショナルスクールの学校制度によっては、日本のカリキュラムで卒業したと認められないので、大学を受験するために高卒認定試験を受けなければならない場合もあります。その中でも国際バカロレアを取り入れている学校は通常入試が認められています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る